https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/life/it_nlab/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MTAxMy0wMDAwMDA2OC1pdF9ubGFiLWxpZmU-

 東京都・池袋のサンシャイン水族館が、とても珍しいタツノオトシゴの仲間「リボンドパイプフィッシュ」を、日本の水族館で初めて展示します(※)。

【画像:開催中のハロウィンイベントの様子】

 オーストラリアでは「リボンドシードラゴン」とも呼ばれている「リボンドパイプフィッシュ」。その特徴は、細長い体と目の上や体にある枝状の海藻のような突起で、タツノオトシゴの仲間に属するようです。

 赤みがかった茶色と緑の海藻のコントラストがきれいな「リボンドパイプフィッシュ」。なんと、飼育経験が一番豊富なサンシャイン水族館館長(丸山克志 館長)も実物を見たことがなかったほど、珍しい生き物なんだとか。10月13日より館内1階「生き物たちの不思議」水槽で展示しています。

・リボンドパイプフィッシュ
(学名:Haliichthys taeniophorus、英名:Ribboned pipefish、Ribboned seadragon、Ribboned pipehorse)
インド洋~太平洋やニューギニアのイリアン・ジャヤからオーストラリア北西部に分布し、熱帯海域沿岸の水深16メートルまでのサンゴ礁や藻場に生息。細長い体と、眼の上や体にある枝状で海藻のような突起が特徴です。小型プランクトンや甲殻類などを食べ、成長すると30センチほどになります。生息域により体色が異なり、緑色〜黄色から茶色がかった赤色などさまざまです。浅海域で見られるものは、主に緑がかった黄色ですが、生息水深が深くなるにつれて、茶色から赤みを帯びた体色の個体が多く見られるようになります。

 また、サンシャイン水族館では10月31日までハロウィン・パーティを開催しています。魚たちが水中でジャック・オー・ランタンに変身する「水中ぱふぉいーマンスタイム~ハロウィンver.~」は写真で見ても圧巻です。

※日本動物園水族館協会の展示記録(2004年~現在)調べ




インドピンクイール導入。潜ります。



ガウチョパンツ 花柄の通販お勧めはここ!
十和田八幡平国立公園のホテル・旅館情報
ガーゼケットの通販サイト
ブラジリアンワックス メンズの通販情報の森
龍郷町のホテル・旅館ネット予約
北海道坂本龍馬記念館のホテル・旅館を探してる?
野菜ジュース 紙パックの格安通販
エアロバイク マットの通販在庫
金沢21世紀美術館の格安ホテル・旅館
布団乾燥機 パナソニックの通販サイト
東北大学総合学術博物館のホテル・旅館レビュー
ミリタリー コートの通販情報の森